• 初めての方へ
  • アクセス

住宅ローンと離婚

日本では結婚したカップルの3組に1組が離婚しています。離婚の際には様々な問題が出てきますが、そのひとつが住宅ローンです。住宅ローンと離婚の問題を速やかに解決するために、必要な対処と任意売却の相談をする人が増えています。

家の問題は将来の生活にも大きな影響を与えます。円満離婚でない場合は、話し合いが上手くいかず問題が長引いてしまうケースもあります。煩雑な手続きを避けて住んでいた家をできるだけ早く売ってしまいたい場合は、任意売却という方法を選択できます。金融機関は住宅を担保にして住宅ローンを組みます。

ローンの返済ができない場合、金融機関は不動産を強制的に処分してローンの回収を行います。担保が設定されていると住宅を売れませんが、任意売却だと金融機関と相談してローンの担保設定を外せます。

任意売却の様々なメリット

任意売却には様々なメリットがあります。競売と比べると、任意売却の方が高い価格で売却しやすいです。自宅が高く売れれば、住宅ローンの返済が楽になります。

競売だと近所の人に知られてしまう可能性がありますが、任意売却だとプライバシーを守れます。何もせずに問題を放置していると、離婚後も高額なローン返済に悩まされる可能性があります。

お悩みなら私達にお任せください

任意売却を選択すると住宅ローンの束縛から解放されるので、離婚後は双方とも新しい生活に気持ちよく踏み出せます。任意売却は離婚前でも離婚後でも可能ですが、一般的に離婚前に行われるケースが多いです。

ご不明な点やご不安になる方は多くいらっしゃると思います。お悩みの方は住宅ローン返済相談センターにお任せください。あなたのお悩みをご解決致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。